弔電のマナー

訃報を受けたのに遠方などの理由でお通夜、お葬式に出席できない場合は弔電を送ります。その他会社関係や職場などで弔電を打つことがあります。訃報は突然のものです、その時に迅速に対応できるように弔電について知っておいたいいルールがあります。遅くても葬儀の前日までには、届いておくべきものなので早目に送りましょう。送り先は先方に確認をし、家での葬儀の場合は喪家に、斎場で営まれるなら斎場へ送ります。その時の宛名は喪主にします。喪主がわからない場合は故人のご遺族様宛として送ります。台紙はお悔み専用のものにします。シンプルなものからブリザードフラワーや生花が付いているものまでたくさんの種類があります。

弔電は電報なので116に電話をかけ手配するものだと思っている人がいると思います。しかし、ネットを利用しても簡単に送れます。料金はクレジットカード払いになるため、クレジットカード払いに抵抗がない方にはお勧めの方法です。料金は基本的には台紙代とメッセージ代で0〜5000円程度です。電話での受付と違いインターネットでは24時間受け付けていて、国内なら最短で3時間程度で送ることができます。ホームページ上で実際に送るメッセージや台紙を確認することができるので送る弔電を実際に目で確認できるのも安心できるポイントです。出先のスマートフォンからでも時間を問わず手配ができるのはとても便利です。