近年の葬式の特徴

家族が亡くなると悲しむ暇もなく通夜・葬式の準備に取り掛かります。しかし、お葬式を出すという経験は人生でそう何度もあることではありませんので、知らないことも多いことでしょう。中でも多くの関心を集めるのは葬式にかかる費用です。 葬式には実は多額の費用がかかります。家族をはじめ、親戚・友人知人など多くの方が参列する葬式は一般葬と呼ばれますが、この一般葬の場合、130〜200万円が相場費用です。会葬者の人数によっても費用に差が出るため、相場や平均的な費用がだしにくいのも葬式の特徴のひとつです。また、葬式の費用として支払うお金のほかに、宗教者に支払う費用もあります。日本では仏教による葬式がほとんどですが、僧侶に支払う額でも数十万円ということも珍しくはありません。

葬式には多くの費用がかかりますが、最近では費用の節約を考える人が増えてきています。そうした流れを受けて、最近では葬儀各社による価格競争も進んでいます。 多くの葬儀社が最低限葬式に必要なものをセットにした葬儀プランを用意しています。一般葬向けの葬儀プランも多いのですが、最近では家族葬プランなどの少人数で行う葬儀プランが人気です。家族や近しい人のみで執り行う葬儀は、予め特定の人のみに葬儀日程を知らせるため、追加費用が発生しにくいのも大きな特徴です。返礼品の用意も少なくて済むため、費用を抑えることも可能なのです。